<   2005年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

第五回コラム

ワシ@部屋長さんのコラム



こんばんは、16過ぎたら処女はない、ワシ@部屋長です。
まあなんというか、所詮可愛くおしとやかでしかもバージンなんてそうそういないってことですね、あー、憂鬱だ、この世界は。

ええと、今回のテーマは「flash板のイベントの今後について」だそうです。
結論から言いますと、「興味なし」ですね。

どこそこに所属する、どこそこのイベントだから価値がある、なんていうのは幻想です。
需要があるから供給がある、物流にしてもメディアにしても、もちろんアングラFlash界にしても同じはず。
「Flashで何かしら表現したい、ある属性やテーマを元にレスポンスを得られる場に表現を出したい」という要求があり、初めて表現は世に出て、イベントは行われるわけです。
その逆は原則、ありえないはずです。

「どここそコミュニティのイベント」という言葉の傲慢さは、そのコミュニティであることに価値を持たせようという、既存のコミュニティに属している人間の勘違いから発生しているのでしょう。
最近やたらと耳にする「誰々派」だの「板の外、中」だのという、せせこましい陣取り合戦ごっこも、そういった安っぽい所属意識から派生しているものなのでしょうね、やれやれです。

果たして見ている人、あるいは表現する人にとって、どこそこコミュニティのイベント、という付与された価値に意味はあるのでしょうか?
必要であれば、必要なものがそろう、世の中得てしてそういうものです。
そういう意味で、一度「なになにコミュニティのイベント」やらを一切やらないでいるのも良いかもしれませんね。
もしFlashというメディアにある種のパワーが存在するなら、自然発生的に参加者、観覧者が集まる別のイベントなり発表の場が登場するはずです。

というわけで、2回連続でずいぶん冷ややかな話になっちゃいまして申し訳ない次第です。
どうも頭の悪いテーマが続いているので、ついつい愕然としてしまい……。
よみとばちゃんにはもうちょっとがんばってほしいものです。
[PR]
by bungeisai | 2005-11-01 03:03 | 第五回コラム

第五回コラム

Rouxさんのコラム



「flash板のイベントの今後について」


私がこの文藝祭に関わるようになったのは
主催のよみとばし氏に依頼された、というのがきっかけでした。
これまで、私自身がイベントのサポートをしたり
運営として関わるのは初めてのことなので、私で役に立つのか?と思いながら
主催やほかの運営の方のお話を伺っています。

イベント、といいますと私の中でFLASH板のイベントとして思い浮かべるのは
FLASH★BOMBと紅白なのですが、どちらも観客として参加する立場でした。
特にF★Bに関しては観客の目から見たイベントレポートなどを書かせていただいてますが
素人が集まってこれだけのことができるんだ、と思う反面、
素人だからこそのいたらない部分やこうなったらいいのになぁ、
という部分はたくさんあると思います。
まして2ちゃんねるという場所は刺激が強くて反論も大きい、
という緊張する場所。運営側がスレの住人のことを考えながら
運営していくのは本当に大変なことだと思います。

それでも。
FLASH板でイベントが行われるのは、『ないとさびしい』と思う気持ちと
主催側も観客もイベントの楽しさを知っている、ということでしょうか。
1度やったらやめられない、というのも事実。
スレの住人が何も書かなくても、期待はされているんだ、という緊張感をもって
イベントを進めていけたら、と思います。

さいごに。あと3日で文藝祭が始まります。
今回は運営、観客、両方の目で拝見させていただきたいと思います。
[PR]
by bungeisai | 2005-11-01 03:02 | 第五回コラム

第五回コラム

ハリジャンぴらのさんのコラム



さてさて文芸祭開催直前です。
順番決めのために仮提出の作品を眺めてみてますが、未完成の作品を途中まで見せられるというのは
なんというかヤキモキしますなあ。
未完成ゆえの名作というのもあったりなんだり。

そんなわけで今回はイベントのお話。
flash板ができてもう三年以上になるわけで、これまでに様々なイベントが行われてきました。
考えてみれば毎年毎年結構な数のオンラインイベントがこの板の中で行われて来ましたが
毎月なにかしらのイベントが行われている、
一つのイベントが終わればすぐに次のイベントが間近になる、
そんな状態が続いている様に思えます。
一寸前にもMMRがあり、続いてマスカレイドがあり、そしてもうすぐ文芸祭が始まります。
今回の文芸祭は訳あって昨年の開催時期が違っていますが、今回の時期移動、実は結構苦労しました。
というのは移動しようにも、必ずどこかのイベントとぶつかってしまうのです。
うまく他のイベントとバッティングしないように開催時期を選ぶのに一苦労して、
「この板は常にイベントをやっているのだなあ」と実感した次第であります。
まぁそんな実感を今更するまでもなく、去年頃から「フラ板のイベントはもう飽和状態だ」
ということはすでに言われていたわけで、最早新規参入は難しい状態と言えるかもしれません。
今後、イベントの総数が現在よりも増えるのか減るのかはちょっと判りませんが、
ある種、イベントの淘汰みたいなものがなされるような気がします。
というわけで今回はちょっと「イベントがこの先生きのこるには」ということについて
イベントの生き残り条件について考えてみます。
きのこる先生です。古いな、ネタが。
まあそれだけでもつまらないのでついでにその条件の中で文芸祭はどうなのかも考えてみましょう。
ついでに。

生き残り条件その1「イベントに特色があり、やることに意味がある」

現在、成功している(この定義も難しいけど、開催して無事終了すれば一応成功と言えるだろう)
イベントはそれぞれに特色があり、ある程度作品の提出に制限があります。
例えば音無しの作品で競い合うrealflashのような限定を儲けたイベントや
先日のマスカレイドのようなコテに縛らないオープン戦、
そしてPPや文芸祭のようなジャンルによる縛りのように、
全てのイベントには強い独自性があり、他のイベントとの差別化が計られています。
つまり成功するイベントには他のイベントでは代わりにならない強みが必要だということです。
今後、イベントの飽和が続くにつれて新規のイベントは無制限に歓迎されるのではなく、
その開催される意義を問われることになると思います。
その点から見ても特色は必要です。
また制限や条件があると、意外に作り手の創作心を刺激する面もあるのではないでしょうか。
realflashを観て「こういうやり方もあるな、来年出てみるか」と思った人結構いると思います。
さてそういう面からみて文芸祭はどうでしょうか。
一応「文章系」という縛りがあるにはあるのですが、前のコラムにも書いた様にその定義がはなはだ曖昧であり、
実質、作者の自己申告によるただのオープン戦となっている節があります。
今後も続けていくならば、「文章系とは何か」という突き詰め、
あるいはジャンル自体の盛り上がりが必要ではないでしょうか。

生き残り条件その2「主催が名無しでないこと」

まあ所詮、主催というのはお飾りに過ぎない部分はあるわけで、その人ひとりがやることでも
その人一人のためのイベントでもないのですが、
それでも主催というのはイベントにとって大事な要素の一つです。
イベントはとにもかくにも参加者ありきであり、参加者がいないことには成り立たないわけで、
失敗、すなわち開催せずに終わったイベントのほとんどが参加者が集まらなかったことに起因しています。
どうやると参加者が増えてくれるか。参加してもらえるイベントになるか。
その一つに主催が信用されているというのがあると思います。
この信用とは主催が有能であるとか有名であることとか、そんな高い要求ではなく、
最低限、「ちゃんと開催してくれること」
これがあると思います。
勿論、運営をしっかりやってくれることも必要で、一回大きなミスをしたり、
前回の運営がグタグタだったりするとやっぱり駄目なわけですが。
で、とにかく主催というのは無能でもお飾りでもいいから、
前に出て来て、逃げずにイベントをやる責任を負います。
というか最低限「責任をとれる立場」でなければ主催として役に立ちません。
したがってコテを隠しての名無しでの主催であったり、
初めてみるような捨てコテでの開催では信用されません。
言い換えてみれば「責任をとれるコテが主催であること」ということでしょう。
その上で有能であることは必要とされます。
さて我らが文芸祭はどうでしょう。
さっぱり役に立ってくれない、
それどころか凡ミス連発してくれている役立たずな読みとばし氏ですが、
責任感は人一倍あり、人脈も豊富なため、一応、板内での信用を得ています。
名前を出せば納得してもらえるだけのネームバリューもあるので
主催としての最低限の条件を満たしており、その点では最適な人物です。
あとは本人のスキルがもっと高ければと思うところですが、それは言わないでおきましょう。
あ、いや良い男ですよ、まじで。

生き残り条件その3「板に縛られない企画を考えること」

最近のイベントの特徴としてフラ板のスレだけを重視せず、
板外のサイトやイベントそのものでない副産物的な企画等が充実しているという点が上げられます。
最近はニュースサイトさんなんかがすぐにイベント作品をまとめてくれるので、
スレに常駐することなく、参加作品を見ることができます。
そのため、良作が続いたのに意外とスレは閑散としているという状況がおきたりもします。
スレを全く開くことなく、作品だけを観てしまったイベントって皆さんも結構あるのではないでしょうか。
今後もイベントとフラ板との乖離は広がる様な気がします。
と、するならば本部サイトの充実や作品公開の方法などを、
今までになかったスタイルで考える必要になってくると思います。
MMRの本サイトが面白い構成をしていたことなどいい例でしょう。
スレを投下する場所・あるいは観覧者たちの書き込みをする場所と割り切って、
それに縛られずに盛り上げる方法を考える必要があるのではないでしょうか。
文芸祭ではいまいち本サイトが機能せず、結局の所、本スレが実質的な本部となっていますが、
板外での出し物としてこの文藝動秋があります。
これは全くの読みとばし氏の思いつきで始められた企画ですが、
意外と好評なようで、個人的にも他の執筆者さんのコラムを楽しく読ませてもらっています。
この企画があったかなかったで文芸祭の印象も大きく変わっただろうと思うと、
ひとまず成功なんではないでしょうか。

生き残り条件その4「期間・スタッフに余裕を持つこと」

その3でも書いた通り、最近のイベントの傾向として単純に作品を集めて
スレに投下するだけではなく、多様化した企画が盛り上がりの条件になりつつあります。
とすると、イベント運営に対する負荷も増大の傾向があり、
主催が個人でちまちまと運営するのが難しい状況があります。
そのため当たり前ですが、準備は十分必要であり、人出も必要になります。
また期間を長めに持つことと、スタッフを豊富にかかえることは
制作者側から観ればイベントに対する信用にも繋がります。
実際「この日程この人数でやるのはきついなあ」と思えるイベントは
大抵、参加者が集まらずに立ち消える傾向があります。
文芸祭に関してこの点を見ると、
出だしでまずつまずきがあり、数度にわたる開催日の変更など、ずいぶん危なげな運営をしてきましたが、
それも日程的な無理はしないで時間的修正を重視したからであると言えます。
と、ちょっと好意的解釈和してみる。
運営スタッフに関しては……。
ええと、いろいろな人にお世話になっております。
いやまじで。

と、まあ最低限必要なことはこんなところではないでしょうか。
今後のイベントはどうなっていくか、それはちょっとここで予測しても仕方ないことかも知れませんが、
駄目なイベントというか潰れそうなイベントはやはり初期段階でなんとなく推測つくわけで、
そしてそういう不安要素のあるイベントにはやはり人が集まらないわけで成功しにくい。
フラ板のイベント飽和が叫ばれて久しいですが、
今後成功するイベントというのは不安要素を取り除いたものではないでしょうか。
「自分の力を込めて作った作品を安心して託せるイベント」
形式はどうであれ、それがこの先生きのこるイベントだと思います。
新規参入に関しては難しいと思いますが、やっぱりイベントは面白いわけで、
個人的には推奨していきたいと思ってます。
でも手伝いはやっぱりきついなあと、ウチの駄目主催を横目で観つつ、今回はそんなところで。
[PR]
by bungeisai | 2005-11-01 03:01 | 第五回コラム