<   2005年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

お知らせ

文藝祭&文藝動秋 終了宣言



一時期はイベントの存続すら危ぶまれ関わらず、22人もの方が
作品を提出して下さった事、心から感謝しております。
残念ながら今年は1作品に対するスレッドでのレスポンスは
非常に少なかったですが、それでも終始温和な雰囲気の中で
運営できて、主催をする側としても、とても楽しかったです。

そして文藝動秋は、数々のテーマを元に、執筆者の方から
忌憚ない意見を聞けて、非常に参考になりました。
特に、ワシ@部屋長さんの、テーマそのものへの疑問提起から
始め、既存メディアを例に挙げた上でのFLASHを否定する
厳しい意見からは、ワシさんの今後のFLASH文化の成長への
期待を感じました。冒頭でイジってくれて、どうもでした(笑)

========================================================

長かったようで長かった半年間………


文藝祭を観覧して下さった全ての方
文藝祭に参加して下さった全ての方
コラムを執筆して下さった全ての方
スレで叱咤してくださった全ての方
雑談に付き合って下さった全ての方
文藝祭を応援して下さった全ての方
バナー、壁紙を製作して下さったoloさん
サイトを製作して下さったサポート1号さん

最後まで付き合って下さって、本当に、
本当にありがとうございました。
そして…………お疲れ様でした!



文藝動秋の終了を持って、文藝祭の
全過程の終了を、ここに宣言します。

皆様、良い2006年を。
[PR]
by bungeisai | 2005-11-18 00:18 | お知らせ

第六回コラム

第六回コラム「文藝祭の総括」



昨日、井上雄彦の「リアル」を立ち読みしててマジ泣きしたよみとばしです。

長らくお待たせいたしました。
文藝動秋、最後のコラムとなります。
当初はこれまでコラムを執筆して下さった全ての方に寄稿して頂く予定でしたが、
唯樹 只埜さん、hmtbsmvさんは、多忙の為、コラムを休まれてしまいました。
というわけで、ハリジャンぴらのさん、Rouxさん、ひかげさん、ワシ@部屋長さんの
4名の方に、文藝祭を振り返っての総括と、今後の文藝祭、文章系への展望を
語って頂きました。コラムを執筆してくださった皆様、改めてお疲れ様でした。



それでは、どうぞ。
[PR]
by bungeisai | 2005-11-15 23:37 | 第六回コラム

第六回コラム

Rouxさんのコラム



参加された職人の皆様、そしてよみとばし氏はじめ運営の皆様、
本当にお疲れ様でしたそしてありがとうございました。


正直、サポートを依頼されたとき
私に何ができるんだろう?って疑問に思いました。
でも主催のよみとばし氏に『ぼくの尻をたたいてくれればそれでいいです』
と言われてそれならできそうだ、と依頼をお受けしたのでした。

実際、開催が危ぶまれていた時期のことだったので(9月上旬ぐらい?)
このグダグダをどうやって進めていこうかしら、って正直呆れていた部分もあったのですが
本当に何も進んでなくて、これでどうやって開催するつもり?と
かなりよみとばし氏はじめサポートの皆さんにもきついことを申し上げた時期もございました。
叱り飛ばしたり、いつまでも進まない会議に一喝を入れたり…
文句もいわずにちゃんと進めてくれたよみとばし氏にはかなりしんどかったと思います。

また、コラムの企画。
このアイデアはよみとばし氏が去年と色を変えたい、
ということで始まった企画なのですが、毎週締め切りがあるのは正直きつかったです。
私も執筆させていただいたのですが、なんていうのでしょう。
通常書いていたレポートと違って1つのテーマに沿って自分が思うことを書く。
基本的に文章を考えたりするのは嫌いではないのですが
ボキャブラリーが貧困だったり同じことを何度も言ってしまったり。
それでもこの企画はある程度はいい企画だったなぁと思います。
いろんな人の意見を拝見することができましたしね。

締め切りから開幕にかけてですが…
これはすごいわ、と思う作品がたくさんありましたね。
私は昨年の文藝祭のときはスレすら見ていなくて
どんな状況だったのかというのはあまり把握していないのですが、
このドキドキ感は楽しみだなぁと思いながら開幕を待っていました。
とはいっても、タイムテーブルやどの作品をどこに持ってくるか、などは
よみとばし氏に一任していたので口出しすることはしなかったので、
ここではすでに楽しみにしている観客と化していましたね。
ただ、仮提出後できてない人たちに進捗状況をチェックしたり、
順番を入れ替えたりするということはしていましたが。
完成できずに辞退される方もいらっしゃいましたが、作りかけた作品は
ぜひ完成していただきたい、って思うのでございます。

最後に。
参加してくださった職人様、スレッドで応援してくださった皆様、そしてスタッフ全員、
お疲れ様でしたそしてありがとうございました。
来年このイベントが開催されるかどうかはわかりませんが
もし開催されたらまた楽しみたいと思ってます。
[PR]
by bungeisai | 2005-11-15 23:19 | 第六回コラム

第六回コラム

ハリジャンぴらのさんのコラム



こんばんわ。サポート兼雑文書きのハリでございます。
えー文藝祭終了直後から高熱を出して寝込んでおります。
いわゆる文藝祭熱という奴です。主催のせいです。
もしかすると読みとばし熱という新手のウィルスやもしれません。
そんな状態なので勝手に始めた全感想が未完の状態ですが
数日中にはちゃんと終わらせたいと思っています。
そんなわけで作品そのものやイベントの総括は
そちらのほうでじっくり書かせていただきたいとおもっているので、
この文藝祭前企画としてやらせていただいた文藝動秋では
イベントの総括みたいなのは他の執筆者の方におまかせして、
全体を通してちょっと思った事を書かしてもらいたいと思います。

このイベント観てて思った事は「いやーもうスレでイベント盛り上がるのって難しいのかなあ」ということでした。
出場作品は悪くない、観覧者も少なくない、板内での知名度も低くない、
……それなのになぜかレスがつかない。
これには運営側としてちょっと困りました。
でもこれ文藝祭だけの事態じゃないんですよね。
他のイベントのスレを観ても作品の向上にも関わらず一回のイベントで消費するスレッドが減少傾向。
かつてのお祭りとしてイベントとしての盛り上がりはもう板内では難しいのかも知れません。
前回のコラムでも書いたとおり、最近はスレッドに常駐して投下を待って盛り上がるタイプの観覧者は少数で、
作品が出揃ってからサイトあるいはニュースサイトでまとめられたのでまとめて観る。
そんな観方の方が主流になりつつあります。
そういやつい先日行われたすなふぇすたに関しても、運営のスレが立たず、完全に本部サイトのみの運営で、
すなふえ氏のファンスレに感想の書き込みが行われるという、
今までにないタイプのやり方がされていました。
かつてのように投下がスレで行われ、運営と感想、実況がおこなわれるような2ch的なflashイベントは
もしかすると今後はあまりないかも知れません。
このスタイルはなんといってもやっぱり紅白がその元祖でしたが、
その紅白も今年は名前を変え、板とはちょっと離れた位置での開催がされるようです。
それがどんな風に行われるのかはちょいと今から想像は難しいですが、
観覧スタイルもやはり変わるのではないでしょうか。
文藝祭を運営そして観覧していて、そろそろこのスレに頼った投下システム・観覧スタイル、
ひいてはイベントの形態もそろそろ限界なんじゃないかなあと思いました。
そんなことを考えた文藝祭でございました。

えーこの文藝動秋も「ちょっとかわったことやろう」と始めた企画でしたが、如何でしたでしょうか。
短い間ですが好き勝手に(しかし結構手間がかかる)書かせてもらいました。
感想などありましたら、頂けたら嬉しく思っています。
ではあとはもうひと踏ん張りして全感想を書きます!
えーflashは基本的に門外漢のハリジャンぴらのでした。
石とか止して。
[PR]
by bungeisai | 2005-11-15 23:16 | 第六回コラム

第六回コラム

ひかげAKさんのコラム



最初に、とにもかくにも主催よみとばしさんはじめ運営の皆さん、参加された職人の方々、ほんとうにおつかれさまでした。刺激的な1週間、一観客としてとても楽しませていただきました。
こうして書き進めつつ、いま祭りの終わった少し寂しい余韻に、浸っています。

 さてさて、では「総括」なんですけど、「総括」というとどうしてもリンチ殺人を想定してしまう私としては、じゃあ今回はよみとばし主催をメッタ打ちにして息の根を止め、あとは雪山に埋めてくればいいのかな?なんて考えたんですけど、え、違うんですか?。。なあんだ、残念だなあ。いまなら埋めどきなのに。。

 いやしかし、でもですね、それは違うというなら、では「総括」ってそもそもどうやってやるものなのでしょう?よくわかりません。

 率直なところ、どうにもこのテーマは書きにくい。文芸祭をどう総括すべきなのか、何か語りづらいところがないですか?これは単に私が遠慮しているとか、そんなことではないと思うのです。実際、今回、多くの刺激的な作品が文芸祭には登場したと思うのですが、「どういうふうに反応すればいいのだろう」と、ところどころで観客の側も迷った、そんなフシをやや感じるところもありました。

 そして、この「よくわからない」という部分こそ、第二回文芸祭をめぐって第一に問うてみるべき課題なのではないかと私は考えています。要するに「どういう視点や基準で、文芸祭や文章系作品を受け取り、評価すべきか、そもそも定まっていないのではないか?」または「そろそろ定めていくべき時ではないのか?」やはりここでも課題となっているのは、以前の文芸動秋でも問われていた「文章系とは何か」ということではないかと思うのです。「総括」に替えて、こうした点について述べて、今後への展望としてみたいと思います。


文章系とは何か

 詩文FLASHで知られる赤木虫大と対談しながら気づいたことなのですけれど、これまで時を越えて名作として知られてきた文章系の作品というのは、実にその多くが「原作つき」なのですよね。2ちゃんねるの名スレッドをもとにした「さよなら青い鳥」や「母親」、戦没学徒の書簡集「きけわだつみのこえ」冒頭に掲載されている、あまりに有名な手記を作品化した「所感」や、はたまた原作つきとはやや異なりますが、実際の事件、歴史を題材にした「ある騒動の記録」や「日本とトルコ」などなど。

 また、楽曲も、上にならべた作品達はことごとく黒楽曲を用いた作品なのですが、いずれも名曲といえる感動的な楽曲ではないでしょうか。FLASH作品における楽曲の重要性は決定的とも言えるものですけれど、楽曲だけを聴いても感動すると言われる名曲達で、2ch soudtracks(http://soundtrack.dempa2ch.net/)に一時期設置されていた「よく質問される曲」欄にも多くが挙げられていた楽曲達です。

 基本的な文章系の名作の方程式は、ごくごく当たり前のことなんですが、文章だけを読んでも感動を呼ぶ名文または内容と、楽曲だけを聴いても感動する名曲との組み合わせです。傲慢な言い方が許されるならば、それだけでもできる-または文章の感動や情感からはじまって、それを損なわず、最大限引き伸ばす表現のうちに文章系作品というものがある、ということです。


 ここでかなり明快に言い切ろうと思うのですけれど、文章系作品とは、「独立的な文章的表現を、映像作品化したもの」ではないかと考えます。ごく単純に、文章だけを読んでも、それが作品として成立するような、そんな文章をFLASH作品にしたものを文章系と言う、ということです。

 ちなみに、じゃあ文章系は文章だけをテキストで読めばそれでいいではないか、といった非難はあたりません。アニメ系は一枚一枚の絵をサムネイルで見ればいい、というのとそれは同じことです。時間軸上の展開の仕方、展開上の構成や楽曲との組み合わせ方のなかに、「FLASHならではの(または動画作品としての)表現」があります。

 文章系とは、独立的な文章をもとにした表現のことである-たとえばアニメ系ならば、どれほど台詞や解説が多かろうとも、キャラクタの動きや表情やが物語を進めるのであって、むしろ独立的な文章はアニメの文法からすれば邪魔です。小説とアニメの脚本では書き方が基本的に異なります。PV/MG系についても同じことは言え、PV/MG上の煽り文やタイポグラフィと、独立的な文章の文法や構成は、ここで詳細する余地はありませんが根本的に異なります。詩とキャッチフレーズは異なるものです。


 こうした定義をことさらにわざわざ掲げるのは、それが各文章系作品の受け取り方、評価を決する指針でもあるからです。ごく簡単に言えば、PVくずれであってはならない。またはそのような視点で文章系作品を見るべきではない。文章の多いアニメ系作品であってはならない、またはそのような視点で見るべきではない。文芸祭で感じた「観客側の迷い」は、こうしたところの曖昧さに起因するように感じます。もしくは、口幅ったく申しわけないながら、作者の側にもそうした迷いが幾分あるようにも見えました。

 私達観客は、まず第一にその作品にはめ込められた文章に対して、もっと素直に反応していいのではないでしょうか。PV的な華麗さやアニメ的な動きの快楽に目を奪われるよりもまず先に、文章に込められた悲しみや喜び、怒りや恐怖や希望に、率直に反応し、共感や同情や哀切やまたは反感をもって応答していく姿勢で作品を見る、または、その良し悪しを味わう。それが文章系作品に対しては求められてしかるべき第一の姿勢ではないかと思います。かなり大袈裟に書いていますが、「感動もののFLASHスレ」や「泣けるFLASHスレ」上では誰が命ずるまでもなく自然になされている応答です。「ワロタ」「泣けた」「泣けない」「笑えない、腹が立った」から応答ははじまっていいわけで、PV的にダサいやアニメ的に下手だという声は、はっきりいって不要です。

 何故なら、これら文章に、ふさわしい表現であるかという視点で、文章系作品の全体は鑑賞されるべきものだからです。文章的内容が先であって、逆ではない。PV的な華麗さを文章が引き立てているか、またはアニメ的な軽妙さを台詞が引き立ててているか、といった視点で見られるべきではない、または製作されるべきではない。このことは、文章系作品は、PV系やアニメ系とは異なる、れっきとした固有の表現文法をちゃんと持っているのだということです。PV的な派手さやアニメ的な快楽がなくとも、多くの人々を泣かせてきた過去の文章系作品の名作達が、これをきちんと証明しています。


 こうした「文章系作品の見方」や、もしくは文章系固有の表現文法を守り広め発展させていくことが、そしてやはりイベント文芸祭に課せられた使命だといえるのかもしれません。ぶっちゃけて言えばPV系イベントやアニメ系イベントに比べて地味だ、味気ないなどと比較して言われる筋合いはない。相当に口幅ったく「。。すべき」といった語調ばかりの文章となりましたが、これは文章系作品の一愛好者でもある私個人の願いでもあります。今後、文芸祭がますます発展し、こうして文章系作品を発展させていってくれたなら。そんなことを総括に替えて祈りながら、筆をおきたいと思います。
[PR]
by bungeisai | 2005-11-15 23:15 | 第六回コラム

第六回コラム

ワシ@部屋長さんのコラム



参加された皆様、お疲れ様です。
私的感想、遅れております、ダメなあたい……。
近いうちに必ず最後まで書きます、万が一、このような乱筆の感想をありがたくもお
待ち頂いている方がいらっしゃいましたら、どうぞ今しばらくお時間をいただけまし
たら幸いです。

さて文芸祭、今年もさまざまな作品がございました。
詳細は先の感想のほうで書かせていただきたいなあ、と考えておりますが、個人的に
「結局、『文章系』と呼ばれるものが、実にしばりのない、あやふやなジャンルであ
る」ことがまた実証されたのがよかったのでは、と思います。

当たり前なのですが、クリエイティブとはカテゴリーから生まれるものではなく、ク
リエイティブからカテゴリーは意味づけられるものです。
仮にピカソが「おれ、今度キュピズムの絵、書くわ」なんて言い出したら、誰も彼の
作品を認めなかったはずです。
彼が作り上げたスタイルこそが、のちに「キュピズム」的だったと評価される、そこ
にクリエイティブの原点があり、価値があります。

もちろん見る側にとっては、カテゴライズされたイメージというのはある種の選別
上、有意義になります。
ただクリエイティブを行う主体がそれでは、やはり自由な発想を束縛するひとつの要
因となるのかと思います。
現在、個人製作動画界では「アニメ系」やら「MG系」やらと、安易なカテゴライズ
と、カテゴライズに基づいた発想がうごめいているように思えます。

その中でももちろんすばらしいものは誕生し、我々を楽しませ、何かを感じさせ、発
想を生み出す起因となっているのですが、全体として「そういった雰囲気」になるの
は、コミュニティの停滞を生む恐れがあります。

文芸祭の「しばり」は、「しばり」自体を問題提起していることに価値があると思い
ます。
それはドラマであり、物語であり、デザイン的表現でもありうる、その自由度がその
ままクリエイティブの主体とコミュニティの参加者を悩ませ、考えさせ、次の発想へ
と向かう力を生み出しているのではないでしょうか?

参加された皆様、またコミュニティにて楽しまれている皆様、ぜひともこの「ゆら
ぎ」あるカテゴリーを大事に育ててくださいませ。
そのあやふやさが、また次の新しい作品を生むはずです。

このたびはすばらしいアイディアを拝見させていただきまして、誠にありがとうござ
いました。
[PR]
by bungeisai | 2005-11-15 23:10 | 第六回コラム

お知らせ

文藝動秋、最終回のお知らせ。



イベント開催まであと2日となりました。 次回のコラムは最終回として、文藝祭終了後に
イベントを振り返る、という内容で行うので、日曜日では無く、少し後の掲載となります。
どうか、御期待して頂けたら幸いです。
[PR]
by bungeisai | 2005-11-01 03:31 | お知らせ

第五回コラム

第五回コラム「イベントの今後について」



将来の夢はロッテ買収。よみとばしです。

2002年の末に紅白FLASH合戦が開催されてから2年間の間、
大小合わせて数十個のFLASHイベントがFLASH・動画板で
企画・進行され、その中の多くのイベントが、大盛況の中で
幕を閉じました。

そして、紅白FLASH合戦とFLASHBOMBが、来年度からは「Slash up」
という巨大イベント群として新しいスタートを切ります。

オフライン・オンライン問わず、今後開催されるFLASHイベントが
どのような形へ変貌していくか、そしてどういった形へ変わっていくべきか、
今回も忌憚のない意見を書いて頂きました。

今回も前半と後半(明日の掲載)でコラムを掲載させて頂きますが、前半では、
開催直前の特別企画として、様々なイベントの主催の方にインタビューさせて頂きました!!!

今回答えてもらった質問内容は、以下の五つです。



1)このイベントを開催しようと考えたきっかけを教えてください

(2)今年度に主催をされた(される)イベントを、来年も主催されますか?

(3)されないと答えた方は理由を教えてください。
また主催を降りる場合は、次の主催に望むことを教えてください。
されると答えた方は次回はどのような形式を考えているのか教えてください

(4)今後flash板のイベントはどんな風になっていくと思いますか?

(5)最後の質問です。好きなうまい棒は何味ですか?
何本挙げて頂いても構いません。




それでは、どうぞ。



追記: 後半として、hmtbsmvさん、唯樹 只埜さん、ワシ@部屋長さん、Rouxさん、
ハリジャンぴらのさんのコラムを追加しました。
[PR]
by bungeisai | 2005-11-01 03:06 | 第五回コラム

第五回コラム

hmtbsmvさんのコラム



> 今回書いて頂きたいコラムのテーマは、「flash板のイベントの今後について」です
>
> 2002年の末に紅白FLASH合戦が開催されてから2年間の間、
> 大小合わせて数十個のFLASHイベントがFLASH・動画板で
> 企画・進行され、その中の多くのイベントが、大盛況の中で
> 幕を閉じました。

大盛況じゃないのもあったでしょーに。
嘘はよくないですよ。

> そして、紅白FLASH合戦とFLASHBOMBが、来年度からは「Slash up」
> という巨大イベント群として新しいスタートを切ります。

そうすねー。

> オフライン・オンライン問わず、今後開催されるFLASHイベントが
> どのような形へ変貌していくか、そしてどういった形へ変わっていくべきか、
> その予想や青写真を、数日後にいよいよ開催される「FLASH・動画文藝祭」
> の事も交えて語って頂けたら幸いです。

イヴェントとかは、別にFLA板に依存してもしなくても、大体どれも実行できる。
やってること自体はっつ意味ね。

板上で進行したりとか、人を募集してたりするのは、
イヴェント自体の知名度が低くて、
FLA板外だとイヴェントが成り立たないからだと思う。
FLA板が、日本のFLASHコミュニティーとして大きい規模だっつー認識をした場合
だけど。

んで、板から離れてやるっていうことは、
イヴェントの知名度が高くなってFLA板でやる理由が無いっつことかな。

イヴェントの形が変わるっつー意味がわからん。
どこでやるかと、誰がやるかが変わるくらいで、やる事は同じでしょう。
斬新なイヴェント進行とかが生まれるかもしれないけど、
作ったものを見るのは同じだろうし。

んで、ブンゲイサイは楽しくできればいいんじゃないですかねー。
イヴェント仕切る人も、イヴェントに作品出す人も、
別になんかしらお金とかそーいうの求めてるわけじゃなく、
みんなで楽しみたいと思ってやってるんだろうし。
見る側もわいわい仲良く鑑賞すればいいんじゃないすか?

そんな感じで。今回はちょっとやる気出した。コラムに。
最悪アンチを意識しました。
[PR]
by bungeisai | 2005-11-01 03:05 | 第五回コラム

第五回コラム

唯樹 只埜さんのコラム



flash板のイベントの今後について

オフライン・オンライン問わず、今後開催されるFLASHイベントが
どのような形へ変貌していくか、そしてどういった形へ変わっていくべきか、
その予想や青写真を、数日後にいよいよ開催される「FLASH・動画文藝祭」
の事も交えて語って頂けたら幸いです。

との事だったんですが、ぶっちゃけ知ったこっちゃないんですが…。

イベント出場経験がない私には、まず、出る動機や出た後の感覚がわからない部分も
ありますし。
どのような形へ変貌していくかは、そのとき考えればいいし、
どういった形に変わっていく"べき"などというおこがましい考えを抱いた事もないで
す。

楽しきゃいいじゃん。

まぁこれで終了してもいいんですが、うーん。
個人的にはイベントという物自体が継続する事に少し違和感を覚えているわけです。

だいたい何かの一回目ってのは「真新しさ」ってもんがあるし、
そもそもイベントが生まれる「必然性」或いは「ニーズ」に応える為に開催されるん
ですよね。

それが2回目からはマンネリ化とか内輪の楽しみ的な物で開かれる嫌いがないか、
と。
一回一回革新があるイベントなんつーものはあり得ない訳ですが、
それにしたって毎回毎回前回をトレースした何物かを見て、楽しめるもんなんでしょ
うか。

勿論例えるなら「サザエさん」や「ドラえもん」のような固定的なイベント。
お決まりの何か、というのも必要ではあるんですが、
あくまでそれは全体から見てマイノリティでなくてはならない訳で。
今のFlash板を見れば1年中まぁよく思いつくもんだって位にイベントやってますよ
ね。

イイアクさんの左上を見れば近日中にどんなイベントやるか把握出来るわけですが。

一ヶ月に一回(若しくは複数回)パーティやって、尚且つ板盛り上げろってお前どん
だけ精力的だと。
そんだけアクティブに動けるなら外出ろ外。
んで彼女や彼氏の一人でも作って楽しみなさい。
もうそろそろクリスマスですよ。

さて、全然関係ない話題になってきた所で。
私の結論としては、既存のイベントぶっ潰すくらいのイベントがそろそろ出てきても
いいかなと。
あえて開催時期ぶつけるとかね。

私が天邪鬼なせいだけかもしれませんが。

皆さん最近のイベントって物に満足してるんですかね?
[PR]
by bungeisai | 2005-11-01 03:04 | 第五回コラム