第一回コラム

第一回コラム「作品中に於ける人物の"死"について」


「物語作品の中で登場人物が死亡する」

感動する話やサスペンスまで、様々なジャンルの
物語でよく扱われる事件であり、作品のカギとなったり
見る側を感嘆させることが数多くあります。

ですが、それが(フィクションにおける手法として)
あまりに稚拙であるために、観る側に何の
感興も呼び起こさない作品が多いのも事実です。

また、現実の死の重さを考え、
フィクションとしてであっても
安易に死を語るべきでない、という意見もあります。

本日は、そういった「作品中に於ける人物の"死"」に
ついて、先に紹介させて頂いた4人の方に語って頂きます。
[PR]
by bungeisai | 2005-09-18 21:50 | 第一回コラム


<< お知らせ 第一回コラム >>