第六回コラム

Rouxさんのコラム



参加された職人の皆様、そしてよみとばし氏はじめ運営の皆様、
本当にお疲れ様でしたそしてありがとうございました。


正直、サポートを依頼されたとき
私に何ができるんだろう?って疑問に思いました。
でも主催のよみとばし氏に『ぼくの尻をたたいてくれればそれでいいです』
と言われてそれならできそうだ、と依頼をお受けしたのでした。

実際、開催が危ぶまれていた時期のことだったので(9月上旬ぐらい?)
このグダグダをどうやって進めていこうかしら、って正直呆れていた部分もあったのですが
本当に何も進んでなくて、これでどうやって開催するつもり?と
かなりよみとばし氏はじめサポートの皆さんにもきついことを申し上げた時期もございました。
叱り飛ばしたり、いつまでも進まない会議に一喝を入れたり…
文句もいわずにちゃんと進めてくれたよみとばし氏にはかなりしんどかったと思います。

また、コラムの企画。
このアイデアはよみとばし氏が去年と色を変えたい、
ということで始まった企画なのですが、毎週締め切りがあるのは正直きつかったです。
私も執筆させていただいたのですが、なんていうのでしょう。
通常書いていたレポートと違って1つのテーマに沿って自分が思うことを書く。
基本的に文章を考えたりするのは嫌いではないのですが
ボキャブラリーが貧困だったり同じことを何度も言ってしまったり。
それでもこの企画はある程度はいい企画だったなぁと思います。
いろんな人の意見を拝見することができましたしね。

締め切りから開幕にかけてですが…
これはすごいわ、と思う作品がたくさんありましたね。
私は昨年の文藝祭のときはスレすら見ていなくて
どんな状況だったのかというのはあまり把握していないのですが、
このドキドキ感は楽しみだなぁと思いながら開幕を待っていました。
とはいっても、タイムテーブルやどの作品をどこに持ってくるか、などは
よみとばし氏に一任していたので口出しすることはしなかったので、
ここではすでに楽しみにしている観客と化していましたね。
ただ、仮提出後できてない人たちに進捗状況をチェックしたり、
順番を入れ替えたりするということはしていましたが。
完成できずに辞退される方もいらっしゃいましたが、作りかけた作品は
ぜひ完成していただきたい、って思うのでございます。

最後に。
参加してくださった職人様、スレッドで応援してくださった皆様、そしてスタッフ全員、
お疲れ様でしたそしてありがとうございました。
来年このイベントが開催されるかどうかはわかりませんが
もし開催されたらまた楽しみたいと思ってます。
[PR]
by bungeisai | 2005-11-15 23:19 | 第六回コラム


<< 第六回コラム 第六回コラム >>