第六回コラム

ハリジャンぴらのさんのコラム



こんばんわ。サポート兼雑文書きのハリでございます。
えー文藝祭終了直後から高熱を出して寝込んでおります。
いわゆる文藝祭熱という奴です。主催のせいです。
もしかすると読みとばし熱という新手のウィルスやもしれません。
そんな状態なので勝手に始めた全感想が未完の状態ですが
数日中にはちゃんと終わらせたいと思っています。
そんなわけで作品そのものやイベントの総括は
そちらのほうでじっくり書かせていただきたいとおもっているので、
この文藝祭前企画としてやらせていただいた文藝動秋では
イベントの総括みたいなのは他の執筆者の方におまかせして、
全体を通してちょっと思った事を書かしてもらいたいと思います。

このイベント観てて思った事は「いやーもうスレでイベント盛り上がるのって難しいのかなあ」ということでした。
出場作品は悪くない、観覧者も少なくない、板内での知名度も低くない、
……それなのになぜかレスがつかない。
これには運営側としてちょっと困りました。
でもこれ文藝祭だけの事態じゃないんですよね。
他のイベントのスレを観ても作品の向上にも関わらず一回のイベントで消費するスレッドが減少傾向。
かつてのお祭りとしてイベントとしての盛り上がりはもう板内では難しいのかも知れません。
前回のコラムでも書いたとおり、最近はスレッドに常駐して投下を待って盛り上がるタイプの観覧者は少数で、
作品が出揃ってからサイトあるいはニュースサイトでまとめられたのでまとめて観る。
そんな観方の方が主流になりつつあります。
そういやつい先日行われたすなふぇすたに関しても、運営のスレが立たず、完全に本部サイトのみの運営で、
すなふえ氏のファンスレに感想の書き込みが行われるという、
今までにないタイプのやり方がされていました。
かつてのように投下がスレで行われ、運営と感想、実況がおこなわれるような2ch的なflashイベントは
もしかすると今後はあまりないかも知れません。
このスタイルはなんといってもやっぱり紅白がその元祖でしたが、
その紅白も今年は名前を変え、板とはちょっと離れた位置での開催がされるようです。
それがどんな風に行われるのかはちょいと今から想像は難しいですが、
観覧スタイルもやはり変わるのではないでしょうか。
文藝祭を運営そして観覧していて、そろそろこのスレに頼った投下システム・観覧スタイル、
ひいてはイベントの形態もそろそろ限界なんじゃないかなあと思いました。
そんなことを考えた文藝祭でございました。

えーこの文藝動秋も「ちょっとかわったことやろう」と始めた企画でしたが、如何でしたでしょうか。
短い間ですが好き勝手に(しかし結構手間がかかる)書かせてもらいました。
感想などありましたら、頂けたら嬉しく思っています。
ではあとはもうひと踏ん張りして全感想を書きます!
えーflashは基本的に門外漢のハリジャンぴらのでした。
石とか止して。
[PR]
by bungeisai | 2005-11-15 23:16 | 第六回コラム


<< 第六回コラム 第六回コラム >>