第五回コラム

ワシ@部屋長さんのコラム



こんばんは、16過ぎたら処女はない、ワシ@部屋長です。
まあなんというか、所詮可愛くおしとやかでしかもバージンなんてそうそういないってことですね、あー、憂鬱だ、この世界は。

ええと、今回のテーマは「flash板のイベントの今後について」だそうです。
結論から言いますと、「興味なし」ですね。

どこそこに所属する、どこそこのイベントだから価値がある、なんていうのは幻想です。
需要があるから供給がある、物流にしてもメディアにしても、もちろんアングラFlash界にしても同じはず。
「Flashで何かしら表現したい、ある属性やテーマを元にレスポンスを得られる場に表現を出したい」という要求があり、初めて表現は世に出て、イベントは行われるわけです。
その逆は原則、ありえないはずです。

「どここそコミュニティのイベント」という言葉の傲慢さは、そのコミュニティであることに価値を持たせようという、既存のコミュニティに属している人間の勘違いから発生しているのでしょう。
最近やたらと耳にする「誰々派」だの「板の外、中」だのという、せせこましい陣取り合戦ごっこも、そういった安っぽい所属意識から派生しているものなのでしょうね、やれやれです。

果たして見ている人、あるいは表現する人にとって、どこそこコミュニティのイベント、という付与された価値に意味はあるのでしょうか?
必要であれば、必要なものがそろう、世の中得てしてそういうものです。
そういう意味で、一度「なになにコミュニティのイベント」やらを一切やらないでいるのも良いかもしれませんね。
もしFlashというメディアにある種のパワーが存在するなら、自然発生的に参加者、観覧者が集まる別のイベントなり発表の場が登場するはずです。

というわけで、2回連続でずいぶん冷ややかな話になっちゃいまして申し訳ない次第です。
どうも頭の悪いテーマが続いているので、ついつい愕然としてしまい……。
よみとばちゃんにはもうちょっとがんばってほしいものです。
[PR]
by bungeisai | 2005-11-01 03:03 | 第五回コラム


<< 第五回コラム 第五回コラム >>