第四回コラム

第4回「観覧者を意識して作品を作ることについて」



作品を公開するということは、同時に作品を誰かに見て貰うことを意味し、
この際に「制作者と観覧者」という、作品をめぐる二つの層ができあがります。

作品を見て貰うために、見る側を例えば「喜ばせる」……
「見る側の求めるような」作品を提供する……

このように観覧者のことを意識しだしたとき、
作品制作には、エンタテインメント性の向上や制作スタイルの限定など、
良い影響も悪い影響も起こりうるのではないでしょうか。

今回は、こうした「制作の上での観覧者の存在」について論じて頂きました。

今回も2部構成で参ります。前半ではhmtbsmvさんと唯樹 只埜さん、
ハリジャンぴらのさんに語っていただきたいと思います。
それではどうぞ。



追記: 後半として、よみとばし、ひかげさん、ワシ@部屋長さんのコラムを追加しました。
[PR]
by bungeisai | 2005-10-24 00:35 | 第四回コラム


<< 第五回コラム 第四回コラム >>