第三回コラム

Rouxさんのコラム



flash作品と感想

感想文…
昔から国語の授業などで感想文を書くことはあったけど
基本的に苦手だったのを思い出します。

今回のテーマ『感想文』についてですが、
わたくしは昔から話す言葉や感想を述べる時
回りくどくなってしまって結果的に長文になってしまう、
という弱点があるのでございます。

長文の感想文と一言感想。
FLASHを作られる方にとってはどちらが読みたいというのは
人それぞれだと思うのですが長文だからいい、
というものでもないと思うのです。

今回のテーマにも掲げられている
過去に『アンチ』と呼ばれた長文たちは
感想、というより批評に近いと思うのです。
この部分はこうしたほうがよかったのではないか、とか
ここにこうやって付け加えたのも見たい、とか。
これは感想じゃなくてアドバイスのような気がするのです。

では感想文って?
それは作品を1本見て、思ったことを素直に言う事。
この部分が気に入った、とか、この映像綺麗、とか。

先ほどまで、本日開幕した『MMR』という
イベントに出品された作品を拝見していたのですが、
このイベントなら『メガネっ子に萌えた』とか
『お姉さんの和服姿にドキドキした』とか。
これが感想文なら、一言感想、ということになるのでしょうが
長文の感想文となると、心理描写や作品を掘り下げて、
それに対して自分が思うことを書く。

的確な文章が書ける人間になりたい、と常日頃思います。
日々精進していかなければなりませんね。
[PR]
by bungeisai | 2005-10-10 01:58 | 第三回コラム


<< 第三回コラム 第三回コラム >>