第三回コラム

第三回コラム「Flash作品と感想」



主催が何を考えたかこの時期に東京に飛んでるということで
留守番を任されたサポートのみずあみといいます。初めまして。

突然ですが、小学校の時分に夏休みの宿題で苦労させられたモノの一つに
読書感想文があります。課題図書なりなんなりを読まされては
原稿用紙○枚を埋めてこいという感じの。

よく思うんですが、あれって誰のためだったんでしょう。
課題図書の著者自身に届くことはきわめて稀(むしろ考えにくい)、
教師がその感想文を読んでも生徒にフィードバックされるのは成績くらい、
感想文を書く生徒自身も宿題として嫌々ながらに文章のようなものを書くにすぎない。
ここまでいくとちょっとネガティブに考えすぎでしょうか。

一方で、Flash作品の特徴の一つとして、作品が主にインターネット上で公開されるため、
作者に生の感想が届きやすいという点があげられます。
その場や方法は2chの掲示板上でもよし、作者に直にメールを送ることでもよし。
誰もが作り手(発信者)にまわることができるというインターネットの特性が
逆の方向にうまくまわっている例だと思います。

特にFlash作品への長文批評はFlash・動画板では「アンチ」と呼ばれ、
同掲示坂内で専用のスレッドが作られるほどの需要とフィールドがありました。
しかしながら、需要があるにもかかわらず、長文での感想、いわゆる「良アンチ」というものが
なかなか日の目を浴びず、多くないという現状もあるのではないでしょうか。

文藝動秋、三回目となる今回は、Flash作品とその感想にまつわるこうした状況に関して、
Flashの作り手・感想の書き手の双方からのお話をご紹介します。

今回も2部構成で参ります。前半では文藝祭主催のよみとばし氏と、
www.psychedesire.org のhmtbsmvさんに語っていただきたいと思います。
それではどうぞ。



追記: 後半として、Rouxさん、唯樹さん、ハリジャンぴらのさんのコラムを追加しました。
[PR]
by bungeisai | 2005-10-10 02:00 | 第三回コラム


<< 第四回コラム 第三回コラム >>