第二回コラム

Rouxさんのコラム



今回、このコラムのお話を頂いてから
とあるFLASHを見直しました。

見直して思ったことは、FLASHは
『文字』『音楽』『絵(もしくは情景)』の3要素でできる。ということです。
どんな作品でも、この3つの要素があればある程度のFLASHは作れる。
もちろん、文字が出てくるタイミングや絵の選び方、効果などは
作る人のセンスや意図するところにゆだねられますし、
伝えたいことがあるのであれば文字の速さやタイミング、
音楽との同期も必要になってくるでしょう。
そこは作る人たちそれぞれに任せておきましょう。

これを踏まえて、改めて文章系、ってどんなことだろうと考えました。
先ほどお話したとあるFLASHというのは『ある騒動の記録』というFLASHなのですが、
この作品は文章を読ませる事でみんなに伝えたいことを伝えている。
だとしたら『文章系』と称される作品に共通するテーマは
『メッセージ』なのではないか、と。
私の中での『文章系』の定義は『思いを伝えること』なのだ、と。
思いを伝える手段としてのFLASH。
文字が言葉や文章になるとき、そこに自分の意図することを込められれば
それこそが『文章系』なのではないか、と。

このコラムでも、思いを込めて書く事で
何か伝えることができれば、このコラムも『文章系』なのかもしれませんね。
[PR]
by bungeisai | 2005-10-03 23:54 | 第二回コラム


<< 第二回コラム 第二回コラム >>