執筆者紹介

執筆者の紹介


唯樹 只埜さん
サイト:唯一の樹の下で

繊細で、非常にスタイリッシュな作風で、独自の
作品世界を描く。
2004年10月に、軽快なモーションで彩る
「Feline」を発表し、多くの人を魅了した。
FLASH製作の傍らで詩やCG製作を行うなど、
幅広い創作活動を行っている。



hmtbsmvさん
サイト:www.psychedesire.org

一見ナンセンスだが、細部に渡り作り込まれた
見る者を圧倒させるFLASHを製作している。
グループでの音楽活動や映像活動も行っており、
ブログでは現代の社会問題の核心を突く。
FLASH・動画板にとって、なくてはならない人物



ハリジャンぴらのさん
サイト:猫とファミコン

別名「ファミコンの人」
輝くモノと朽ちてゆくモノををこよなく愛する、
テキストサイト「猫とファミコン」の管理人。
公共料金氏の全作感想大会の運営に携わり、
第ニ回、第三回の紅白作品の全作感想を書くなど、
FLASHやFLASHイベントに対する想いが強い御方。
文藝祭のサポートも勤めて頂いております。



Rouxさん
サイト:MY-ROUX.ORG

東京や大阪、名古屋など、大都市で開催される
多くのFLASHイベントに参加し、客観的な視点から
正確なレポートを書かれる事で定評がある。
文藝祭のサポートも勤めて頂いております。



ひかげさん
サイト:日陰倉庫

「MM リターンズ」の主催。
ノスタルジックな画風で知られる。
クオリティの高い予告編で突如発表された
「JUVENILE」は、シリーズとしての今後の
展開が期待されている。



よみとばし

いわずと知れた第一回および第2回
Flash・動画文芸祭主催。
文章系というインテリジェンスなイメージのある
ジャンルの代表的な職人の一人なのだが
時に、いや頻繁に、信じられないようなボケをかますことで、
板内では愛されたり嫌われてたりする。



ワシ@部屋長さん
サイト:ワシの部屋

インチキサイト管理人と名乗りながらも、
とても繊細で心に染みるFLASHを作る方。
サイトの、毒を盛り込んだ秀逸な記事は必見。
昨年度の文藝祭では、10歳の少年が
少女との夏の思い出を語る「夏宵」を発表し、
大きく好評を博した。
[PR]
by bungeisai | 2005-09-18 21:52 | 執筆者紹介


<< お知らせ お知らせ >>